※HPを全力でリニューアル中!一部ページでレイアウト崩れが発生し、ご不便おかけしますが、引き続き当サイトをよろしくお願い致します!

サンドウィッチの具材&付け合わせ案レシピ【夏とまとのリエット風、初夏の野菜で作るコールスロー、半フライドポテト】

この季節は「新」のつく野菜が多くでまわってますよね!

新たま、新じゃが、新ではないけど旬な春キャベツ。トマトも甘くておいしいです。

春夏野菜をつかった作り置きOK・大量消費OKなサンドウィッチの具材&パン付け合わせ・サイド案を3つご紹介します!

  1. ハーブが香る、夏とまとのリエット風
  2. 春キャベツと香ばしベーコンのコールスロー
  3. 新じゃがの半フライドポテト  

それでは、さっそく作っていきましょう!

💡instagramでもパン情報発信中!
ここからみてね!→@yumika_bread

スポンサーリンク

目次

ハーブが香る夏とまとのリエット風

リエットとは、フランスの豚肉を使った、こってりペースト状の保存食で、バゲットにぬって食べます。

豚肉、野菜を焼いてハーブや白ワインでお肉がほろほろになるまで煮込んだものです。

通常豚バラで作りますが、肩ロースにしてちょっと軽めにアレンジしました。

最大のポイントが、ハーブと野菜と豚肉のお出しの味わい!

そしてお肉の食感をのこしてほぐすこと。

パテ状なので、付け合わせとしてはもちろん、パン生地に包あんするなどアレンジも色々できます!





春キャベツと香ばしベーコンのコールスロー

作り置きすれば3日間は、シャキシャキシャキシャキおいしくいただける!

彩り鮮やかで、しゃきしゃき食感がやみつき!

最大のポイントは、水分を徹底的にしぼって作ること!

シャキシャキ感が持続し、少ない調味料でも味が具材にしみ込みます。

料理ってこのひと手間が大事ですよね。

しゃきしゃきしゃきしゃき、食べたら止まらない。。。

ふわふわなパンとの食感のバランスがとてもいい一品です。




新じゃがの半フライドポテト

半フライドポテトなのは、少量の油で揚げ焼きする=完全にフライしないからです。

揚げ焼きでも十分サクっとほくっと仕上がります!

新じゃがのほくほく感と皮のかるい食感がおいしい、素朴な半フライドポテトです。

材料

〇新じゃが 小3個
〇小麦粉 小さじ2
〇塩こしょう お好み

作り方

① じゃがいもは短冊切りにする

② 6㎝以上の深めのタッパーにいれ、水に5分さらす。

③ 水を流し、タッパーにラップをかけ600wで5分加熱する

じゃがいもが透き通り、ようじがスッと通ればOK

④ タッパーの水蒸気はペーパーでしっかりふきとり、そのまま冷蔵庫で冷ます。

⑤ 小麦粉に塩こしょう(お好みでオレガノやガーリックパウダー等)をまぜ、じゃがいもに均等にうすーくまぶす

小麦粉をまぶす前に、タッパーの底にたまった水分はすべてふき取ると、ダマにならずまんべんなくまぶせます

衣は調味し、うすーくまんべんなくまぶすとカリっとしあがり、揚げたあとの味付けも不要。

そのままパクっと食べられます

⑥ フライパンに油を0.5mmくらいの深さまでいれ、弱火で温める。

⑦ 小麦粉を油に落とし、ちりちり音がしたら、じゃがいもを入れる。

⑧ お好みの焼き色がつくまで揚げ焼きにし、おいしくいただく。

じゃがいもに火が通ってるので、焼き色がつけばOK

冷凍したほうがよりザクっとした食感になります

冷凍する場合は、手順⑤までおわったら、ジップロックに入れます。

写真のように、じゃがいも同士が重ならないようにします。

揚げるときは、解凍せずに、弱火でじっくる揚げ焼きにします

じゃがいもに霜や氷がついていたら取り除いてください。

油にいれると跳ねてあぶないので気をつけてくださいね!

最後に… 

旬の野菜でつくる簡単で大量生産OKな付け合わせ案をご紹介しました。

やっぱりその時期のものはおいしいですよね。「新」がつくだけでついつい食べたくなっちゃう。

それでは今日もパン作り楽しんでください:)

よかったらシェアしてね!
スポンサーリンク

コメントお待ちしてます!

コメントする

目次
閉じる