※HPを全力でリニューアル中!一部ページでレイアウト崩れが発生し、ご不便おかけしますが、引き続き当サイトをよろしくお願い致します!

ダマにならないカスタードクリームの作り方:強力粉を使ったもったりクリーム

おうちでカスタードを作る場合、薄力粉とコーンスターチを使う方が多いと思いますが、強力粉を使うのがおすすめ!

強力粉を使うとダマになりにくいので、カスタードはもちろん、ホワイトソースやベシャメルソースにも使えます。

仕上がりがもったりしっかりするので、冷やして食べるフルーツサンドやタルトが、おいしくきれいに仕上がります

また、クリームパンの包餡もしやすいので、味も見た目もよくなるので、おすすめです

パン作りをする人なら、強力粉を普段から常備していると思うので、わざわざコーンスターチを買いに行く必要もなくなりますね。

それでは、さっそくレシピをご紹介します!

スポンサーリンク

目次

作りやすい分量

材料分量(g)
牛乳150
バニラ・バニラエッセンス1滴
卵黄(卵1個分)27
強力粉10
グラニュー糖30
バター8
総量:225g

道具

  • ボール2個
  • フライパン・鍋
  • ホイッパー
  • ゴムベラ
  • ラップ

作り方

① 牛乳を温める

バニラビーンズを使う場合は、牛乳に入れて一緒に温める。

バニラエッセンスを使用する場合は、香りが飛ばないように最後に入れる

② 大きいボールに、卵黄とグラニュー糖を入れ、ホイッパーですり混ぜる



③ 混ざったら、強力粉を入れ、すり混ぜる。

④ ボールに温めた牛乳を注いで、ホイッパーで手早く混ぜる。

⑤ 卵液をフライパンや鍋にいれ、弱火にかける。

⑥ ヘラで絶えずかき混ぜる

フライパンや鍋底がこげやすいので、ヘラでしっかりかいて混ぜる。

⑦ だんだんふつふつしてきて、卵液が固まってくる。ダマにならないよう、スピーディーに混ぜていく。

⑧ 固かったクリームが少しゆるみ、つやが出てきたら炊きあがりの合図。クリームを上から落としたとき、跡がつくくらいの固さが目安。



⑨ 火を消して、バターをいれ、よく混ぜる。バニラエッセンスを使う場合は、ここで1滴投入する。

⑩ ボールに移し、結露しないようにビタラップし、冷蔵庫で冷やし固める。



クリームパンに包餡する場合は、しっかり冷やし固めると、作業しやすくなります

フルーツサンドやパンの仕上げで使う場合は、冷えた後にホイッパーでなめらかに混ぜてから使います。

もし焦げてしまったら…

もし炊いている途中に焦げてしまったら、とりあえずそのまま炊き上げます。

そして、炊き立て直後のゆるいクリームをザルでこして、焦げを取り除きます。クリームの量は減りますが、材料をすべて無駄にせずに済みますね。

クリームは一気に焦げてくるので、おうちで少量を作る場合は、火は弱火にして絶えずヘラでクリームをかき混ぜるのがポイントです。

よかったらシェアしてね!
スポンサーリンク

コメントお待ちしてます!

コメントする

目次
閉じる